善玉菌サプリメントおすすめランキング~体のお悩みを解決してくれるサプリは?~

ヨーグルト・キムチ・漬物など、お腹の中の善玉菌を増やす食べものはたくさんありますが、毎日摂取するとなるとちょっと大変ですよね。

しかし、近年大注目の“善玉菌サプリ”なら、食事を簡単に済ませてしまう方でも、手軽に善玉菌を増やしていくことができます。

そこで今回は、専門家の意見を取り入れたおすすめの善玉菌サプリをランキング形式でお届けしていきたいと思います!

外さない!善玉菌サプリランキング

数年前の腸活ブームから、善玉菌サプリはここ数年で数多くの種類が販売されるようになりました。

その中からより質の高い善玉菌サプリを選ぶなら、上記のポイントで選ぶことが重要です。

というわけで今回は、この3つのポイントを判断基準とした総合的な評価でおすすめ商品を発表させて頂きます。

第1位 ヘルスエイド・ビフィーナEX

臨床実験 栄養源 価格
2週間 オリゴ糖 132円/日

ヘルスエイド・ビフィーナEXは、医薬品メーカーで有名な森下仁丹が製造販売している善玉菌サプリです。

ビフィーナEXは、1日1包で100憶個ものビフィズス菌ロンガム種BB536と呼ばれる善玉菌を摂取することができ、その他アシドフィルス菌やガセリ菌などの有名な善玉菌を20憶個摂取することが出来ます。

配合されている善玉菌はどれも実績が証明された善玉菌ばかりです!

2週間で善玉菌占有率アップ

このグラフは、ビフィズス菌ロンガム種BB536を含む善玉菌を、2週間の間摂取し続けた後の糞便中に潜むビフィズス菌を調べた結果を表しています。

細かくみてみると、ビフィズス菌摂取前の糞便中に潜むビフィズス菌の量は23.1%だったことに対して、2週間摂取後のビフィズス菌占有率は34.4%。

たった2週間で、腸内のビフィズス菌が11.3%も増殖したことが明らかになっています。

乳酸菌部門で21年連続ナンバーワン

ビフィーナEXは、熱や酸に弱いビフィズス菌を特殊なカプセル(ハイパープロテクトカプセル)が使用されています。このカプセルにより、ビフィズス菌を胃酸から守って、生きたまま腸に届けることができます。

このようなサプリの仕様と効果を実感した人の多さから、乳酸菌健康食品部門で21年連続売上ナンバーワン(※1)を誇り、販売実績939万個(※2)を突破しています。

※1:H・Bフーズマーケティング便覧、機能志向食品編、乳酸菌類シェア、(株)富士経済
※2:1993年から2016年12月31日までのビフィーナシリーズ全体の売上(森下仁丹調べ)

第2位 乳酸菌革命

臨床実験 栄養源 価格
オリゴ糖

食物繊維

96円/日

乳酸菌革命の特徴は、何といっても配合された乳酸菌の数の多さです。

他の乳酸菌サプリと比べても、ダントツの16種類

乳酸菌サプリを飲む際は、乳酸菌の数に加え、いま自分が持っている腸内細菌や善玉菌との相性が合うかどうかが肝心です。

こちらは、乳酸菌の種類を増やし、相性の合う確率を高くすることで、善玉菌を増やそうとしているサプリです。

実力のある菌をまとめて配合

16種類と、あまりにも多くの菌が含まれていますので、まとめて摂取したことによる結果が分かる臨床データは存在しませんでした。

ただ、そのうちの菌のいくつかは臨床データの存在するものでしたので、ご紹介しておきます。

  • ビフィズス菌ロンガム種:2週間の摂取で善玉菌アップ
  • 乳酸菌フェカリス菌:2週間の摂取で善玉菌アップ
  • ラブレ菌:3週間の摂取で乳酸菌数アップ

また、菌の数だけでなく、善玉菌の栄養源も配合しているのも乳酸菌革命の強みでしょう。

2種類の栄養源:オリゴ糖と食物繊維がそろっています。

第3位 乳酸菌 EC-12

臨床実験 栄養源 価格
2週間 ラクチュロース(ミルクオリゴ糖) 97円/日

乳酸菌EC-12は、久光製薬が販売する乳酸菌サプリです。

1日分たった4粒でヨーグルト100個分ものエンテロコッカス・フェカリス(フェカリス菌)乳酸菌を摂取することができます。

2週間で善玉菌の占有率が増加

出典:腸内細菌叢の改善

フェカリス菌の2週間摂取したことにより、大腸の善玉菌ビフィズス菌の占有率がアップしたという臨床試験がございます。

善玉菌の栄養源に不安要素も

善玉菌の栄養源としてラクチュロース(ミルクオリゴ糖)が配合されているのですが、こちらは牛乳から抽出されるオリゴ糖であり、乳製品でお腹の調子が悪くなってしまう人には合わない可能性もありますので、△評価となりました。

ただ、問題なく調子が良い場合には、善玉菌のエサをダブルで送ることになりますから、増殖を促せます。

第4位 善玉菌のチカラ

臨床実験 栄養源 価格
5週間 食物繊維 52円/日(初回限定定期)

善玉菌のチカラは、カスピ海ヨーグルトの構成菌であるクレモリス菌FC株を使用した乳酸菌サプリです。

1粒にクレモリス菌FC株が20億個以上配合されています。

クレモリス菌FC株の働きで善玉菌アップ

出典:善玉菌のチカラ

胃酸に強く、生きたまま大腸に届くクレモリス菌FC株は、5週間の摂取で善玉菌が大幅にアップしたことが確認されています。

また、善玉菌のチカラは、このクレモリス菌FC株と相性の良い水溶性食物繊維も配合しているので、善玉菌+栄養源のWで体内環境をサポートすることができます。

第5位 花菜の選べる乳酸菌

臨床実験 栄養源 価格
イソマルトオリゴ糖 208円/日

花菜の選べる乳酸菌の内容ですが、6種類(エンテロコッカス・フェカリス菌、植物性乳酸菌のラブレ菌、ケフィア、ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌ラクリス、ビフィズス菌)の乳酸菌が配合されています。

15日ごとにサプリを変える

花菜の選べる乳酸菌が他の善玉菌サプリと違うのは、6種類の乳酸菌が2タイプのサプリに振り分けられて配合されていて、そのサプリを15日ごとに交互に飲むという飲み方にあります。

「うつくし美菌 5000億」と「すこやか健菌ナノ型」の2種類で、15日ごとにサプリを変えるところがポイントです。

このようにサプリの種類を15日単位で変えることで、腸内細菌が特定の乳酸菌に慣れ、効果を感じられなくなるのを防ぐ狙いがあります。

価格は高めでも菌数は多い

1日当たりの価格208円は、他の乳酸菌サプリに比べて約2倍と高めです。ただ、菌の個数や種類を考えた場合、むしろコスパは良いという事実もあります。

フェカリス菌やビフィズス菌など、個々の菌が善玉菌を増やしたというデータはありますが、それらを別々に、そして期間を分けて摂取したことによる腸内フローラの変化を立証するデータは、残念ながらありません。

ですから、沢山の菌と量を摂取できるサプリを探している人や、挑戦心のある人にはおすすめの善玉菌サプリだと言えます。

第6位 KAGOME植物性乳酸菌ラブレ

臨床実験 栄養源 価格
4週間 154円/日

ラブレは京都のすぐきという漬け物から発見された植物性乳酸菌のラブレ菌を配合した、善玉菌サプリです。

胃液に負けずしっかり腸まで届く

本来、乳酸菌は酸や塩分には弱いものですが、苦手な酸と塩分がタップリの漬け物から発見されたラブレ菌は、口に入れてから胃酸で死滅することなく、しっかり生きたまま腸に届きます。

厳しい環境にも耐え抜くことができる菌だということですね。

4週間で善玉菌の数が増加

出典:ラブレ菌に慢性便秘患者の下剤使用量を低減し、不安などの気分状態を改善する効果が期待

臨床実験では、4週間の摂取で、糞便中の善玉菌の数が増加したことが分かります。実験では始まりと終わりの採取だけで、善玉菌が増加するスピードは明らかにされていませんが、腸内環境が改善されていることは間違いありません。

日本人の食生活になじみの深い食品由来の乳酸菌です。善玉菌の栄養源が入っていないことと、価格の割高感から順位は6位となっていますが、効果の期待できる善玉菌サプリでしょう。

第7位 森永ビヒダスBB536

臨床実験 栄養源 価格
2週間 122円/日

ビヒダスヨーグルトでお馴染みである森永乳業が、自社で発見してから40年以上も研究を続けているビフィズス菌配合サプリがビヒダスBB536です。

ヒト由来のビフィズス菌BB536

ビヒダスBB536には、ビフィズス菌BB536という種類の菌が入っており、ヒト由来のビフィズス菌なので、腸となじみが良いんです。世界30ヶ国以上で人気の菌です。

1日分で150億個配合し、もともと胃酸に強いBB536ですが、森永乳業のカプセル技術によって、胃酸から守って生きたまま大腸に届きます。

2週間で善玉菌の占有率が上昇

BB536を使用した臨床実験では、2週間の摂取で善玉菌が増加したというデータがございます。

あと一歩だったのが、善玉菌の栄養源は特に記載されておらず、配合されていませんでした。ビヒダスBB536を飲まれる際は、一緒に善玉菌の栄養源となるような食品を意識して多く食べたほうがよさそうです。

ビヒダスBB536の菌自体には。整腸作用をはじめとして感染防止、抗アレルギー作用がなどが認められています。

知ってる?善玉菌と悪玉菌のコト

人の腸内にはたくさんの細菌が棲み付いていて、その種類は数百種類に及び、数にすると600兆個にもなります。

腸内細菌の分類

おびただしい数の腸内細菌には、体に良い働きをするものと悪く働くものがいて、それぞれ善玉菌・悪玉菌・日和見菌と名付けられています。

先程紹介したサプリメントの主成分であるビフィズス菌乳酸菌は善玉菌の仲間で、ヒトや動物の腸内に棲み、体に良い影響を与えてくれます。

腸の善玉菌のほとんどはビフィズス菌

人間の腸内では、ビフィズス菌が善玉菌の99.9%以上を占めます。

情報が多く、耳になじみがあるのは乳酸菌のほうですが、割合としては0.1%以下なんです。

腸内フローラ(腸内細菌叢)の主役はあくまでもビフィズス菌ですから、ビフィズス菌を増やす必要があります。ですから、他の菌よりも、ビフィズス菌がメインで多く含まれるサプリメントを選ぶことをおすすめしています。

ビフィズス菌も乳酸菌も、それぞれ種類があり、属・種・株という分類で表されています。森下仁丹のビフィーナEXのビフィズス菌であれば、「ビフィドバクテリウム属ロンガム種JBL01株」という具合に示されます。

中にはビフィズス菌を効率よく増やす働きをする乳酸菌株もありますから、乳酸菌だけのサプリメントが良くないということではありませんが、メインはビフィズス菌になるでしょう。

腸内細菌の勢力構造

ビフィズス菌などの善玉菌と、悪さをするウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌は、日夜腸の中で勢力争いをしています。

善玉菌が勝ち進むと悪玉菌は減り、反対に悪玉菌が強くなると善玉菌は減ります。

善玉菌は年々減る

出典:ヘルスエイド・ビフィーナEX

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内では、腸内細菌全体の99%以上が善玉菌なのですが、年々数は減り、成人だと10%程度にまで割合が落ち込みます。

理想の腸内細菌のバランスは善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%と考えられています。善玉菌の割合を維持し減らさないようにすることが、腸内環境を考えるうえで重要になってきます。

善玉菌が増えるとイイコトいっぱい

ビフィーナEXで「便通改善機能」が表示されているように、腸にあの善玉菌を増やすことは、便秘の解消に期待ができます。

また他にも、善玉菌が増えることによって、以下のメリットが期待できます。

  • 下痢症状の緩和
  • お腹の張り・ガス溜まりが和らぐ
  • 体臭・口臭がなくなる
  • 肌荒れ改善
  • 免疫力の向上(風邪をひきにくくなる)
  • アレルギー症状の緩和

みなさんが現在抱えている体のお悩みも、ひょっとしたら善玉菌のパワーで改善できるかもしれません。

是非今回ご紹介した善玉菌サプリで、体の調子を整えてみてくださいね。

まとめ

今回ご紹介した善玉菌サプリは公式ホームページからの購入が最安値で、送料も無料の場合が多かったので、気になる商品がございましたら、是非公式サイトをご覧になってみてください。

 ※タイトルクリックで公式ホームページに飛びます 公式ホームページ その他のショップ
ヘルスエイド・ビフィーナEX 2,980円 3,470円(楽天)
乳酸菌革命 2,730円 3,260円(楽天)
乳酸菌 EC-12 1,810円 取り扱いなし
善玉菌のチカラ 1,550円(初回限定定期のみ) 2,550円(楽天)
森永ビヒダスBB536 1,885円 3,670円(Amazon)
花菜の選べる乳酸菌 1,980円 6,752円(楽天)
植物性乳酸菌ラブレ 4,062円 5,776円(楽天)

※初回限定価格など加味

あなたに合った善玉菌サプリで、体の調子をさらに良くしていきましょう♪